Make your own free website on Tripod.com

第1回 それでも忍者が好き


パーティーを構成するメンバーには、それぞれ与えられた役目というものがある。

戦いの前線に立って肉弾攻撃をする役目、魔法を使ってモンスターを攻撃する役目、

傷付いた者を治療する役目、そして、宝箱や扉に仕掛けられた罠を解除する役目。

メンバーがそれぞれの役目をこなし、お互いを助け合うことで初めて、

困難に打ち勝ち、生き残ることができるのである。

 

さて、M&M2において「罠を解除する役目」を担う職業は2つ用意されている。

「忍者」と「盗賊」である。

通常、罠を解除する役目を負うキャラはパーティーに1人いれば用は足りるのだが・・・。

それでは忍者と盗賊、どちらを選べば良いのだろうか?

 

僕はどうなのかというと、忍者を選ぶ。

ハッキリ言って盗賊のほうが罠解除能力は高い=信頼性がある。

さらに盗賊は盾を装備できるので、ある程度のACを保つことができる。

戦闘で前線に出して「忍び寄り」を期待することも比較的容易なわけだ。

では、なぜ僕はあえて忍者を選ぶのか?

一言で言うと「見た目」である。

忍者は盗賊よりも信頼性が劣るし、盾を装備することもできない。

さらに厄介なことに、装備できる品も多少限定されてしまう。

でも、彼は忍者なのである。

黒装束に身を包み、暗闇にまぎれて行動し、時に痺れ団子を食べ・・・って違うか。(^^;

とにかく、手裏剣をビュッビュッと投げる、あの忍者なのだ。

カッコいいじゃないか。

「刀」を装備できるのは騎士と忍者だけだぞ。

東洋の暗殺者が繰り出す「暗殺」は「忍び寄り」とはワケが違う。(威力は変わらないが)

忍者って、やっぱり憧れなわけよ。

だから僕は今日も忍者を使うのだ。

ACアップのアイテムでギチギチに固めて前線に放り出すさ。

「暗殺」出したら、戦闘終了までひとまずお役御免。

なぜなら忍者は通常攻撃が弱すぎるから。

戦利品の罠解除は、もちろん忍者にまかせるさ。

そしてまた例によって失敗して罠を発動させてしまう。

M&M2は宝箱を開けたキャラの受けるダメージが一番大きいという親切設計になっているので、

多くの場合、忍者は気絶してしまう。

そのたびに回復のためパーティー全員で一眠りしないといけなくなる。

パーティーに迷惑をかけているかもしれないし、足手まといかもしれない。

でも、彼は忍者なのである。

屋根裏に忍び込んで、「くせものっ!」とか言われて下から槍でブスッと刺される、あの忍者なのだ。

それだけで僕は満足だよ。